恋人の影響で

音楽に興味なかった学生時代。

しかし、大学卒業後に付き合った恋人の影響で興味を持つようになった。

その人が聴いていたのはジャズだ。

音楽に全く興味なかったが、ジャズを聴いていると心が落ち着いた。

そして、それを聴いている恋人の顔が好きだったのだ。

だからジャズを好きになったのかもしれない。

結果的に別れることになったが、いまでもジャズを聴くと当時のことを思い出す。

そして、仕事で落ち込んだ時などは一人で車に乗りジャズを流しながら走る。

これがストレス発散法だ。

このストレス発散法のおかげで、平常心を保つことができているのかもしれない。

ジャズに全く興味がないとしても一度だけ聴いてみてほしい。

もしかしたら自分みたいに考えが変わるかもしれない。

そういえば、父親もジャズが好きだった。

子供の頃に離婚したのではっきりとは覚えていないが、今思うとジャズを聴いていた。

当時はジャズなんて知らなかったので、聴き流していたが…。

京都のジャズインディーズレーベル

コメントを残す